意識低い系薬剤師の転職紀行

安寧の場所を求めて3年ごとに転職を繰り返す意識低い系薬剤師。管理薬剤師になりたくない万年勤務薬剤師。やる気はないけど薬は好き。

「医薬品使い方」 一覧

no image

医薬品使い方

新薬が続々と薬価収載されたので薬価収載コードと特徴まとめ

2016/11/18  

  薬品名 メーカー名 成分名 薬価 薬価基準収載医薬品コード アイクルシグ錠15mg 大塚製薬 ポナチニブ塩酸塩 6318.3 4291048F10 ...

no image

医薬品使い方

ニコレットガムの服薬指導それであってるの?

2014/04/01  

ニコレットガムはドラッグストアではよく置いてあるけど、 調剤薬局ではほとんど取り扱うことのない品物だ。 だから、薬剤師であっても調剤専門の薬剤師だと使い方を把握 ...

no image

医薬品使い方

子供の下痢にはアドソルビンとタンナルビンと整腸剤だよね。

2014/01/23  

下痢は止めない方がいいといいますが、あんまりひどいと脱水症状を起こしてしまいます。 なので、弱めの下痢止めはよく使用されます。 完全に止めるのではなく、回数を減 ...

no image

医薬品使い方

アドエアディスカスからエアゾールに変更は吸入回数が変わるので注意

2014/01/11  

アドエアはいくつか規格があって、途中で規格が変わる場合もよくあります。 アドエアディスカスだと、100、250、500アドエアエアゾールだと、50、125、25 ...

no image

お薬の豆知識 医薬品使い方

熱性痙攣予防のダイアップ坐薬は3回目の投与に注意が必要!!

2013/12/29  

熱性痙攣の予防薬といえばダイアップ坐薬ですが、向精神薬なので使用には注意が必要です。 熱性痙攣は熱が高い時よりも、熱があがっている途中が一番起こりやすいと言われ ...

no image

医薬品使い方

感染性胃腸炎に使用される抗生物質

2013/12/12  

冬になると、下痢と嘔吐などの消化器症状の受診が増加します。 感染性胃腸炎は大きく分けて、 ・ウイルス性胃腸炎・細菌性胃腸炎 とに分けられます。  ウイ ...

no image

医薬品使い方 小児の薬

乳幼児の粉薬の飲ませ方

2013/12/12  

一口に粉薬といっても幾つか種類があり、 それによって飲みやすさが異なります。 大きく分けると、3種類 ○○○散○○○ドライシロップ○○○顆粒 一番、服用しやすい ...

no image

保湿剤 医薬品使い方

ヒルドイドは顔に塗っても大丈夫?

2013/12/09  

ヒルドイドは安全性の高い保湿剤です。 皮膚のバリア機能を回復し、肌の潤いを取り戻し、外的刺激から保護してくれます。 体の保湿剤として処方されることが多いが、 顔 ...

no image

お薬の豆知識 医薬品使い方

アズノールうがい液は1本で何回使えるの?

2013/12/07  

アズノールうがい液の添付文書には、何回使用できるかの記載はありませんでした。 ただ、アズノールうがい液1本(5ml)には、アズレンスルホン酸ナトリウム水和物を2 ...

no image

医薬品使い方

フランセチン・T・パウダーの使い方

2013/11/07  

今日はじめて、フランセチンTパウダーなるものをお渡ししました。 フランセチン・T・パウダー <効能・効果 >糜爛・潰瘍の二次感染、子宮膣部糜爛。 <用法・用量> ...

Copyright© 意識低い系薬剤師の転職紀行 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.